【英語を正しく発音する方法】

289H-2

“英語を話す”上で一番大切なことは“発音”です。
正しい英語の“発音”をすることができなければ、自分の話す英語が相手に伝わらなければ、相手の言っている英語を聞き取ることもできません。

しかし、正しい英語を話すことができれば、自分の英語が相手に通じるし、相手の言っている英語を理解することができます。

英語の“発音”を身につけることは、すなわち、スピーキングとリスニングの両方を鍛えることができます。

日本の英語教育では全く行われない、“英語のスピーキング力”と“英語のリスニング力”を“正しい英語の発音”だけで著しく成長させられます。

前回のブログでも紹介しましたが、私は英語の“発音”にはとても自信があります。しかし、発音記号は全くわかりません。笑
(興味を持った方は前回のブログを)

私が実際に行った英語の“発音”のトレーニングは、“基礎トレーニング”です。

何度もブログで紹介していますが、何においても、どんな分野においても、とてもとても重要なのが、“基礎力”です。

野球で例えると、キャッチボールができない人は絶対にピッチャーをすることができません。

足し算、引き算ができないのに、二次方程式が解けるわけがありません。

英語の“発音”もそれと全く同じです。
基礎がないのにいきなり英語の“発音”をしても英語を正しく発音することができません。

では、一体、英語の“発音”の基礎とは?
それは、すばり、“アルファベット”です。

“発音”の練習となると、多くの人が“英単語”から、もしくは簡単な“英文”から練習を始めます。

しかし、“英文”は“英単語”から成り、“英単語”は“アルファベット”から構成されます。

ですので、26個の“アルファベット”が正しく発音できないのに、正しく“英単語”や“英文”を発音できるわけがありません。

ですので、まずは、正しく26個の“アルファベット”を正しく発音できるように練習してみてください。

では、また次回!!

Shiggy

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です